読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

艦隊これくしょん-艦これ-

言わずと知れたブラウザゲームの風雲児がついにアニメ化!して6話まで放映されました。
その結果、二次創作からの流入やら弓の持ち方の指摘やら原作ゲームの台詞挿入タイミングの違和感やらで批判の嵐てんやわんや。話題性のみはピカイチですね。

僕としては、深海棲艦との戦闘シーンがしょぼすぎて残念ってところとストーリーが安定しないってのが不満です。ただ作画の安定感があり艦娘は原作同様めちゃくちゃ可愛いし動きます。最高だね!

f:id:ha_ku3000:20150215023101j:plain
ほっぺたに優しく触れたい…

そんな中、第六話を見たんですが主人公の吹雪はメインではなく第六駆逐隊(ダメ男製造機で有名な雷が所属する隊)がメインの話でした。
f:id:ha_ku3000:20150215023535j:plain
"もーっと、私に頼っていいのよ"

今まではキャラの扱いだけでなくストーリーにも苦言を呈することがままありましたが今回の話は振りからオチまで綺麗にまとまっていました。特に今までボケキャラだった那珂ちゃんがツッコミをしていたのは新鮮でした。
f:id:ha_ku3000:20150215024641j:plain
意外とツッコミキャラの方が合うかもしれない

メインの話を脇に置いて今までの負債にテコ入れした、そんな印象だったんですが。が、恐ろしいことに気づいてしまったんです。
聡い方ならもうお気づきでしょう…この衝撃の事実に…それはズバリ!

第六話だから第六駆逐隊の話をした

まさに予定調和。最初からこの話だけ考えられていた可能性は高い、そう考えています。

しかしこれだけ批判に合いながらも継続視聴されている方が多い気がします。かなりクソアニメという部類に近いのに…これを機にみなさまがクソアニメソムリエとしての道を切り拓くことを切に願っています。

f:id:ha_ku3000:20150215025220j:plain
川の字で寝る第六駆逐隊でシメ。真ん中に入りたい。